意外性があっておすすめな男の趣味【ミニ盆栽】

意外性があっておすすめな男の趣味【ミニ盆栽】
Sponsored Link

意外性があっておすすめの趣味「ミニ盆栽」が注目されている

盆栽といえば年寄りの趣味と思われがちですが、ミニ盆栽が静かなるブームを起こしています。室内でも簡単に育てることができるミニ盆栽は外国人もハマる注目の的です。ここでは魅力あふれるミニ盆栽について紹介していきましょう。

ミニ盆栽の特徴

ミニ盆栽の特徴がサイズの小ささです。樹高10cm以下のものをミニ盆栽といいます。ミニ盆栽はベランダや日当たりがいい室内でも育てることができるので、庭がないマンションやアパートでも楽しめます。

ミニ盆栽を育てると鑑賞して楽しむだけでなく、四季の移り変わりや自然の美しさを感じることができます。

ミニ盆栽の選び方

ミニ盆栽は花や実、葉や幹などを楽しみます。自分の好みや置く場所に合わせるだけでなく、育てたいと思ったミニ盆栽を選ぶことが大切です。

春に楽しむミニ盆栽にはボケ、枝垂れ桜、桜などがありますが、小さなサイズでも満開になれば大きな木を眺めているような迫力を感じ取れます。

ボケは長寿梅とよばれ、赤くて小さな花が終わったあとでも葉や枝が育つのを楽しむことができます。

ミニ盆栽は縁起がいい植物といわれているので、運気を高めるために机の上やお店に置かれていることもあります。

自分好みのミニ盆栽を選んだり置く場所を考えることも、至福のひとときとして楽しんでください。

Sponsored Link

 

ミニ盆栽の育て方

ミニ盆栽を育てるには大きなスペースは必要ありません。日が当たり、風通しのよい場所ならベランダや窓際でも育てられます。

注意したいのが高温や乾燥です。エアコンの風が直接当たる場所には置かないようにしましょう。

水はけにも注意しましょう。棚の上に置けば根が腐るのを防げます。

ミニ盆栽には一日に一回、水やりすれば大丈夫です。暑い時期は二回に増やすことがありますが、土や苔の状態を見ながら水やりをします。

肥料は春と秋に与えます。暑い時期に与えると根が腐る原因になってしまいます。

病害虫に悩まされるのが春から夏にかけてです。室内で害虫駆除するには不快害虫駆除スプレーがおすすめです。

2~3年に一度、植え替えが必要になるミニ盆栽もあります。その場合は鉢から盆栽を出したら、腐ったり絡んでいる根を切り落としてから新しい土に植え替えるようにします。

ミニ盆栽の楽しみ方

ミニ盆栽を手入れしたり眺めていると季節の移り変わりや自然の美しさに心がいやされます。特に都会ではなかなか四季や自然を感じることができませんが、ミニ盆栽は身近な場所で自然を楽しめます。

ミニ盆栽を初めて育てると剪定しすぎて切りすぎてしまったり、不格好な形になってしまうかもしれませんが、少しずつゆっくりと盆栽のことを学んでいきましょう。

大切なことは毎日楽しみながらミニ盆栽を育てることです。

Sponsored Link

この記事のライター:趣味を極めてこそ男を磨く「ポール」
通常の盆栽は値段が高くて、手間がとても掛かりますが、ミニ盆栽なら安価で手入れが楽なので手軽に始められます。ミニ盆栽の形にはその人の心が現れます。あなたのセンスを生かして個性的なミニ盆栽に仕上げてください。

趣味を極めてこそ男を磨く「ポール」さんの記事はこちら
Sponsored Link