ドローン初心者に最適な入門機の選び方・おすすめ【男の趣味】

ドローン初心者に最適な入門機の選び方・おすすめ【男の趣味】
Sponsored Link

なにかと話題なドローンを始めるなら今!

良い意味でも悪い意味でも話題となったドローンですが、最近では様々なメーカーから入門機が登場して、ドローンを始めるのに最適な環境が整いつつあります。

ドローンで有名な機体といえば、DJI Phantomシリーズです。でも10万円以上します。

さすがに全くラジコンの経験がない人が、いきなりDJI Phantomシリーズを購入するのは気が引けてしまうと思うので、今回はドローン初心者に最適で比較的安い入門機のおすすめを紹介していきましょう。

ドローン初心者が入門機を選ぶときのポイント

ドローンやラジコンを全く経験したことがない人が、予備知識なしでドローンを選ぶのは少しハードルが高いかもしれません。まずはドローン初心者が入門機を選ぶときのポイントを説明していきます。

安いこと

一番のポイントは安いドローンを選ぶことでしょう。最近のドローンは安いものでもしっかりと機能を満たしたものがあります。おもちゃみたいでまともに飛ばないのでは?と思われるかもしれませんが、1万円以下のドローンでも上位機と変わらぬ性能を持っています。

簡単に安定した飛行が楽しめる

ジャイロと呼ばれる機体の姿勢の乱れを修正するセンサーがドローンには内蔵されており、空中でのバランスを自動的にとることで安定した飛行を実現します。高性能なジャイロが搭載されているほど操縦が簡単になり、ドローンを正確に飛行することができます。

搭載されたカメラで空撮ができる(FPV)

ドローンを飛ばす最大の目的が空中での撮影です。カメラ内蔵はドローンの必須条件なので、カメラ搭載タイプを選ぶようにしましょう。

安いドローンでもFPV対応モデルがあります。搭載されているカメラの映像を見ながら操縦できるFPV対応モデルなら、ドローンを更に楽しむことができます。

※FPVとはFirst Person View の略で一人称視点という意味です。高機能なドローンやレース用のドローンにはFPVが欠かせません。

Sponsored Link

 

ドローン初心者におすすめの入門機

現在では安くて高性能なドローンは数多く販売されていますが、ここではドローン初心者におすすめの3機種を紹介していきます。

Hitec Galaxy Visitor 6


 
→→→Hitec Galaxy Visitor 6【楽天】

→→→Hitec Galaxy Visitor 6【Amazon】

日本をはじめ、世界6ヵ国に拠点を持つドローンメーカーがHitec(ハイテック)社です。Hitec社のドローンは高性能な割りにリーズナブルなものが多くあり、ドローン初心者におすすめなのが『Galaxy Visitor 6』です。

Galaxy Visitor 6にはFPVが搭載されています。この価格帯でのFPV搭載モデルは珍しいので非常におすすめなモデルと言えます。もちろん飛行性能も優れており、操縦が簡単なドローンなので、まずは最初の1機としてGalaxy Visitor 6をおすすめします。

SYMA X5 SW

→→→SYMA X5 SW【楽天】

→→→SYMA X5 SW【Amazon】

中国に拠点を持つSYMA TOYSが手掛けるドローンの中で、初心者向けモデルが『X5 SW』です。こちらもFPVを搭載しており、高性能な6軸ジャイロの効果により安定した飛行での空撮を楽しむことができます。入門機とはいえ、3D飛行や地面すれすれを飛ぶ繊細な飛行を簡単に味わうことができる高性能な1機です。

京商ドローンレーサー

→→→京商ドローンレーサー【楽天】

→→→京商ドローンレーサー【Amazon】

日本のラジコンメーカー大手、京商がリリースするモデルが『ドローンレーサー』です。ラジコンカーで使われているホイラープロポで操縦する全く新しいタイプのドローンです。通常のドローンより少ない操作でドローンを操ることができるので、より初心者向けなモデルと言えます。

最も難しい技術が要求されるホバリングを、超音波センサーと気圧計を使った自動制御で高度をコントロールできます。墜落の心配をせずに楽しむことができるので、ドローン初心者でも安心して飛行を楽しむことが可能です。

※上記3機は全て機体本体+バッテリーの合計重量が200g未満なのでドローン規制法の対象外です。

今回紹介したドローンは、安いのにドローンとしての必要最低限な能力を満たしており、どれを選んでも後悔はしないと思います。あなた好みの1機を選んでドローンを始めてみてはいかがでしょうか。もしかしたら将来ドローンのプロのなれるかもしれませんよ。

参考記事:ドローンレースのプロを目指すなら今始めたい【男の趣味】

Sponsored Link

この記事のライター:趣味を極めてこそ男磨き「ポール」
話題が先行している感のあるドローンですが、近い将来には各分野での実用飛行が計画されたりして今後の発展が期待されているジャンルです。もしあなたがドローンに興味があるようなら、乗り遅れないように今からドローンを入手して飛ばしてみましょう。

趣味を極めてこそ男磨き「ポール」さんの記事はこちら
Sponsored Link