【男の趣味】ガンプラにハマる【ガンダムプラモデル】

【男の趣味】ガンプラにハマる【ガンダムプラモデル】
Sponsored Link

世界中で大ヒットのガンダムプラモデル(ガンプラ)

今や説明するまでもない大ヒット商品である『ガンプラ』。

ガンプラの歴史は古く、1980年に販売が開始された『1/144ガンダム』からスタートしています。当初は300円で売られていたガンプラですが、限定品とはいえ30万円超えのモデルが登場するなど多種多様なバリエーションを展開しています。

また、ヤフオクなどではプロモデラーが製作したガンプラに100万円を超える落札額がつくことがしばしばあり、ガンプラ人気の凄さを思い知らされるのと同時にプロモデラーを目指す人も増えているようです。

ガンプラはバンダイのホビー事業部で販売されていますが、ガンプラは静岡県静岡市にある『バンダイホビーセンター』で製造されています。この工場は一般の見学も可能ですが、非常に大人気のため抽選で当選した人のみ見学が可能です。ちなみに当選倍率は数十倍だそうです。工場は外観からもガンダム工場を連想させるような佇まいを漂わせています。

なお、静岡市にはバンダイホビーセンターの他にタミヤなどの有名模型メーカーが多数存在し、毎年5月には『静岡ホビーショー』が開催されているので、ホビーショーを回りながらバンダイホビーセンタータミヤを見学する人も多いようです。

1980年に販売が開始されたガンプラは現在までに計3期のブームが到来しています。もしかしたらあなたもガンプラにハマった経験があるのでは?そんなガンプラも今では世界中にファンを持つ大ヒット商品として売れ続けています。

Sponsored Link

 

男の趣味、大人の趣味としてガンプラにハマる

ガンダムプラモデル(ガンプラ)

→→→ガンプラ【楽天】

→→→ガンプラ【Amazon】

プラモデルと言えばパーツを接着剤で接着し、塗装するのが一般的ですが、ガンプラは接着が不要な『スナップフィット』や塗装が不要な多色成型ランナー『いろプラ』の採用によりプラモデルの組み立てに慣れていない人でも無理なく作ることができます。

もちろん、接着や塗装をして高度な仕上げを行うこともできます。そのときには必要な調色が施された『ガンダムカラー』を塗装に用いるのが便利です。男の趣味大人の趣味として最適なガンプラ、あなたもひとつ作ってみませんか?

Sponsored Link

この記事のライター:趣味を極めてこそ男を磨く「ポール」
35年以上の歴史を持つガンプラの勢いは留まることを知らないようです。最近のガンプラは色分けされたパーツにより、誰でも一定のレベルで組むことができるので失敗がありません。もちろん忠実に塗装して仕上げることも可能ですから、腕に自信がある人はチャレンジしてみましょう。

趣味を極めてこそ男を磨く「ポール」さんの記事はこちら
Sponsored Link