男性に必要な実印の作り方・ポイント【印鑑】

男性に必要な実印の作り方・ポイント【印鑑】
Sponsored Link

男なら社会人になるときに実印を作っておきたい

実印は車や家を買ったりするようなときに必要となる印鑑です。一般的に男性は女性よりも実印を使う機会が多いといわれています。しかし実印を作ろうと思っても、何を気をつければいいのか、どのタイミングで作るべきか悩んでしまいます。ここでは実印の作り方やポイントを紹介していきます。

実印を作るタイミングはいつがいいのか

→→→男性の実印【楽天】

→→→男性の実印【Amazon】

実印は不動産取引、自動車の購入、会社の設立、公正証書の作成などで使います。しかしこのような機会がない人は作る必要がないともいえます。

一般的に男性は社会人になるときに実印を作ることが多いようです。基本的には必要になったときに作ればいいものですが、印鑑登録が必要になります。あわてないためにも時間に余裕があるときに作っておくことをおすすめします。

男性の実印サイズの選び方

実印のサイズには規定があり、9mm~21mmとなっています(印鑑登録する自治体により規定が異なることがあります)。

男性は女性より大きめで作ることが多いようです。男性が作る実印のサイズは15mm~18mmのものが多く、中でも16.5mmが一番人気です。

なお銀行印は、実印サイズより小さく作るのが一般的です。

名前表記はフルネームがおすすめ

印鑑登録はフルネームでなくても、苗字や下の名前だけでも可能です。これは意外に思う人が多いかもしれません。

余談ですが印鑑登録は実印でなくても、苗字だけの三文判でも登録できます。極端にいえば100円ショップで買った印鑑でも登録可能です。

しかし印鑑登録された印鑑は大切な場面で使われるものなので、男性であればフルネームでしっかり作成した実印を持つことをおすすめします。

誰でも同じものを買うことができる安物の三文判だと、簡単に悪用される可能性があるからです。

Sponsored Link

 

実印の書体や材質にもこだわろう

男性に人気のある印鑑書体は「篆書体(てんしょたい)」と「印相体(いんそうたい)」です。

篆書体

男性に必要な実印の作り方・ポイント【印鑑】

やや複雑で偽造されにくい書体が「篆書体」です。5千円札や1万円札などの日本銀行券に使われている書体なので見たことがあると思います。風格がある書体です。

印相体

男性に必要な実印の作り方・ポイント【印鑑】

篆書体がベースになっていて、さらに複雑で偽造されにくい書体が「印相体」です。縁起がいい書体といわれています。

基本的に自分が好きな書体を選んでも問題はありません。しかし印影偽造などを考えると、複雑な印影を持つ書体を選ぶのがいいとされています。

男性の実印はどんな素材がいいのか

もっとも人気の高い素材は「象牙」です。他の素材より高価ですが、朱肉のつきのよさや押印性に優れていて、耐久性があるので最高級の素材として有名です。

しかし近年は象牙を扱っている印鑑ショップが減っているために、黒水牛を選ぶ人が多いようです。最近ではチタンなど、今までにはない素材も人気のようです。

私はチタンの実印を使っていますが、見た目のカッコよさに加えて欠けたり割れたりする心配が無いのでおすすめです。

→→→チタンの実印

実印にはその人の個性が表れます。サイズや書体、素材にこだわりを持った納得感のある実印で堂々と捺印してください。

Sponsored Link

この記事のライター:オールマイティに男を磨く研究「タロー」
実印を押す場面でいきなり三文判を出し始めたら、男としては格好がつきません。正直、実印を使うタイミングは長い人生においても、そう何度もあるものではありません。しかし自分の名前を記す大切な役目をするものなので、できるだけいいものを作るようにしてください。

オールマイティに男を磨く研究「タロー」さんの記事はこちら
Sponsored Link