結婚に向いている女性を見分ける方法

結婚に向いている女性を見分ける方法
Sponsored Link

結婚に向いている女性の条件とは

男性の結婚適齢期は30歳、女性は27歳といわれています。あくまで理想の結婚適齢期ですが、やはり気になってしまいますね。しかし3組に1組が離婚するといわれています。円満な結婚生活を実現するには、結婚に向いている女性像を知っておいたほうがいいかもしれません。

結婚に向いている女性の特徴

子供好き

結婚生活をする上で、子供は重要なポイントです。身体的な理由で妊娠を望まないのは仕方ありませんが、そうでないのに子供が嫌いとなると結婚生活がうまくいくのか不安になってしまいます。子供に対する接し方を見たり、考え方を聞くことでその女性との将来が想像できそうです。

家事をそつなくこなせる

女性が家事のすべてをこなす時代ではなくなりましたが、男性としては家事ができる女性を求めるはずです。家事をしないだけなら対応策を考えられますが、家事ができないとなるとちょっと考えてしまいますね。結婚を考える前に、彼女の部屋のチェックをしたほうがよさそうです。

料理好き

どんなにキレイで性格がよくても、料理のできない女性は結婚に向いていないと考える男性が多いようです。反対に外見がアレでも料理が上手な女性との結婚生活はうまくいきそうです。

外見の問題は慣れるとしても、食の問題はがまんできませんよね。「妻の手料理を食べたいから早く帰る」のは男性として至福の時かもしれません。

一歩引いて夫を支えることができる

恋人同士のときは男性を積極的にリードする女性でも成り立ちます。しかし結婚して夫と妻の立場になったときに、妻が強ければ夫としてはおもしろくありません。決して男性主義というわけではないですが、一歩引いて夫を支えることができる女性は結婚に向いているといえます。

金銭感覚がしっかりしている

やはりお金のことは重要です。収入に対してしっかりとした金銭管理ができる女性であれば、安心して家計を任せることができます。結婚前に浪費癖などを見つけることは難しいかもしれませんが、普段の行動や服装などに注意していれば大体の金銭感覚がつかめるはずです。

Sponsored Link

 

結婚に向かない女性の特徴

極端にお酒好き

普通にお酒好きなら問題ありませんが、毎晩飲み歩く、常に二日酔いなどの極端にお酒好きな女性は結婚に向いていません。主婦になって昼間から酒を浴びていたら、夫婦生活が成立しませんね。

ギャンブル好き

結婚したら独身時代のようにお金を好きなように使うことができません。ギャンブル好きな女性は浪費癖もあるので、安定した結婚生活には向きません。同様に多重債務者の女性も避けたほうがいいかもしれません。

協調性に欠ける人

結婚したら親戚や近所つきあいなど、多くの人たちと関わり合いを持つ場面が増えてきます。あいさつができない、他人とコミュニケーションがとることが苦手な女性だと、2人を取り巻く様々な人との交流がうまくいかなくなります。

男性の多くは結婚後、女性には家庭に入ってもらいたいと思っています。付き合っているときは女性の外見やかわいらしさばかりを気にしてしまいがちですが、結婚生活を共にするとなるとそのようなことは二の次、三の次です。結婚して「こんなはずじゃなかった」とならないために、結婚相手選びは慎重に行ってください。

Sponsored Link

この記事のライター:男を磨く恋愛・結婚マスター「Ryuji」
恋人同士のときはあばたもえくぼでも、結婚して夫婦になればそうも言ってられません。離婚という危機に直面しないためには、結婚前にある程度の同棲期間を設けて、お互いの真の姿を見ておくほうがよさそうです。

男を磨く恋愛・結婚マスター「Ryuji」さんの記事はこちら
Sponsored Link