男の厄年は何歳?厄払いは必要なのか

男の厄年は何歳?厄払いは必要なのか
Sponsored Link

厄年とは男性で3回訪れる人生の転換期

厄年は一生の間で男性が3回、女性は4回訪れるものです。厄年には前年の前厄・本厄・翌年の後厄があり、厄年には体の変調が起こりやすくなったり、運気が低下して不幸な出来事が起こりやすくなるといわれています。

厄年の年齢

男性の厄年は3回訪れます。

・前厄 24歳 本厄25歳 後厄26歳
・前厄 41歳 本厄42歳 後厄43歳
・前厄 60歳 本厄61歳 後厄62歳 
※全て数え年での年齢です(満年齢に1歳加えた年齢が数え年です)

女性の厄年は4回訪れます。

・前厄 18歳 本厄19歳 後厄20歳
・前厄 32歳 本厄33歳 後厄34歳
・前厄 36歳 本厄37歳 後厄38歳 
・前厄 60歳 本厄61歳 後厄62歳 

特に男性の42歳は『大厄』と呼ばれており、死に通じると言われていることから人生で一番悪いことが起きやすいとされています(女性の大厄は33歳)。厄年が訪れたら通常は本厄のときだけ厄払いを受けますが、大厄に限っては前厄・後厄でも厄払いを受ける人が多くいます。

Sponsored Link

 

厄年の過ごし方や厄払いをしないとどうなるのか

厄年は科学的に根拠がないのであまり気にしなくてもいいと思いますが、新しいことを始めることは避けた方がよいといわれています。

・家を新築する
・引っ越しをする
・結婚をする
・就職や転職をする

これらのことを厄年に始めないほうが良いらしいのですが、個人的な都合で決められないこともあるでしょうからなかなか難しいところです。

もし厄払いをしないとどうなるのでしょうか。

・親族や友人が亡くなる
・離婚した
・職を失った
・大病を患った

このようなことが起きやすいようですが、本人だけでなく周囲にも不幸が起きているようです。ただ、男の大厄は42歳なのでそのようなことが起きやすい年齢なのかもしれません。

厄年はネガティブに捉えないで、自分を見つめ直す時期と考えてみたらどうでしょうか。体調管理に気をつけ、日々の生活を規則正しく過ごすなど落ち着いてゆっくり過ごすことが必要な年齢なのかもしれません。

プラス思考でポジティブに考えていけば、不幸や災いを寄せ付けずに過ごすことができるでしょう。厄年が近づくと気分がふさぎこみやすくなりますが、前向きな精神で厄年を乗り切っていきましょう。

Sponsored Link

この記事のライター:年齢を重ねたからこそわかる男磨き「トシ」
厄年には根拠がないと言ってしまえばそれまでですが、転機が訪れやすい年齢と捉えて予め注意しておけば精神的に落ち着いて対応ができると思います。全く気にせずに過ごす人もいるので、あまり深刻に考えずに過ごすのが一番ですね。

年齢を重ねたからこそわかる男磨き「トシ」さんの記事はこちら
Sponsored Link