花粉症を悪化させる原因・習慣【対策】

花粉症を悪化させる原因・習慣【対策】
Sponsored Link

花粉症対策が効かないのはあなたの習慣に原因があるかも

毎年春が近づくとやってくるのが「花粉症」です。花粉症に悩む人は3人に1人といわれており、もはや国民病のひとつです。もしマスクやメガネなどで花粉対策しているのに症状が改善されないなら、あなたの行動や習慣に原因があるのかもしれません。少しでも症状を緩和するために、花粉症を悪化させる行動や習慣を学んでおきましょう。

花粉症を悪化させる原因とは

睡眠不足は花粉症を悪化させる

夜更かしの習慣がある人は要注意です。睡眠不足になるとホルモンや免疫のバランスを崩しやすくなり、花粉症を悪化させてしまいます。

花粉症の症状が出始めると、どうしても寝付きが悪くなってしまいます。寝室や寝具に付いた花粉除去や、就寝前の入浴で体に付いた花粉を落とすなどの対策をしてみましょう。

もちろん規則正しい生活を送ることも大切です。

ストレスを溜めない

ストレスは花粉症の大敵です。ストレスによって自律神経が乱れたり、免疫バランスが崩れると花粉に敏感に反応してしまうからです。そして花粉症に悩まされて、さらにストレスが溜まってしまいます。

ストレスを溜め込まない生活を心がけるとともに、十分な休養をとるようにしましょう。

花粉を室内に持ち込まない

外出中に衣類に付いた花粉を室内に持ち込まないようにしましょう。帰宅したら家に入る前に花粉を叩いて落とします。

室内に入ったら部屋着に着替えるのがベストです。部屋の掃除もこまめに行いましょう。

Sponsored Link

 

花粉症を悪化させる生活習慣を改めよう

生活習慣によって花粉症が悪化する

飲酒は花粉症を悪化させるのでほどほどに

お酒を飲むと血管が拡張して鼻詰まりを起こしやすくなります。春は歓送迎会などで飲酒の機会が増えますが、飲み過ぎに注意です。

タバコは鼻の粘膜を刺激する

タバコを吸うと鼻の粘膜が刺激されて、鼻詰まりを悪化させてしまいます。

タバコを吸わない人でも近くでタバコを吸っている人がいたら、煙を吸い込まないように注意するべきです。受動喫煙でも鼻の粘膜に刺激を受けてしまいます。

外出するときはタバコの煙や排気ガスを吸い込まないように、必ずマスクを着用しましょう。

室内でできる運動で体力をつける

花粉症が出始めると室内に閉じこもることが多くなるので、運動不足になりがちです。体力の低下は免疫バランスを崩してしまいます。

→→→バランスボールなどを使い、室内でできる運動やストレッチで運動不足を解消しましょう。

参考記事:バランスボールダイエットでやせる方法【お腹・下半身・腹筋】

花粉症の症状がつらいときは病院に行こう

花粉症をがまんする人がいますが、シーズン当初は耐えられても、飛散量がピークになるとひどい症状に悩まされてしまいます。花粉症が出始めてつらくなったら、がまんせずに病院に行って診てもらいましょう。

Sponsored Link

この記事のライター:オールマイティに男を磨く研究「タロー」
花粉症は吸い込んだ花粉量が多いほど症状がひどくなっていきます。花粉をできるだけ吸いこまない対策をすれば、症状の悪化をかなり軽減させることができます。それでも悪化したときは、むやみに薬などに頼らず病院に行きましょう。

オールマイティに男を磨く研究「タロー」さんの記事はこちら
Sponsored Link