自宅でお金を掛けずに歯を白くする方法

自宅でお金を掛けずに歯を白くする方法
Sponsored Link

キレイな白い歯の男はモテる

あなたのはキレイですか?芸能人や有名人を見ると例外なく歯が白くてキレイですし、歯が白ければそれだけで格好良く見えるものです。

しかし真っ白な歯を保つのはなかなか難しくてお金が掛かりますよね。歯医者さんで高価なホワイトニング治療を施しても、すぐ黄色い歯に戻ってしまいます。そこで今回は、自宅でなるべくお金を掛けずに歯を白くする方法を紹介していきましょう。

そもそもなぜ歯が汚れるのか

歯が黄色く見えてしまうのは『ステイン』の付着が原因です。ステインが付着するのには生活習慣が深く関わってきます。

歯が汚れやすい食べ物や飲み物

食べ物や飲み物にはステインの原因となる成分が含まれています。特に、次に挙げる食べ物や飲み物にはステインやそれ以外に歯を黄色くしてしまう成分が含まれているので食後の歯磨きが重要になります。

タンニン:緑茶やワイン、バナナなどに多く含まれており、渋みを出す成分です。ポリフェノールの一種とも言われています。

アントシアニン:ブルーベリー、ラズベリー、ブドウなどに多く含まれており、目に良い成分として有名です。赤紫色の色素を持っています。

イソフラボン:大豆や大豆製品に多く含まれており、タンニン同様、ポリフェノールの一種です。

歯の磨き過ぎで汚れが付着しやすくなる

歯磨きの時にキレイにしようとつい力を入れがちですが、擦り過ぎは歯の表面を傷つけてしまい、汚れが付きやすくなります。

虫歯や歯の詰め物、被せ物の影響

虫歯が進行した歯はどんどんと黄色くなっていきます。歯の治療に使われる詰め物や被せ物も時間が経過すると劣化してしまいます。

その他には甘い物の摂り過ぎ、遺伝や生まれつき、体質、などが原因として挙げられます。

Sponsored Link

 

自宅で行うホワイトニング方法とは

ホワイトニング用歯磨き粉を使って歯を磨くのが最も手軽な方法です。

→→→ホワイトニング用歯磨き粉【楽天】

→→→ホワイトニング用歯磨き粉【Amazon】

ホワイトニング用歯磨き粉には歯の表面に付いた汚れを落とす研磨剤とステインを浮き上がらせる成分が含まれています。成分の違いを謳った商品がありますが効果はほとんど同じです。

ホワイトニング用歯磨き粉を使わずに粗い研磨剤が入った歯磨き粉を使ったり、漂白剤やレモンなどで歯を磨くと表面が傷だらけになったりエナメル質が溶けてしまうので絶対に行わないようにしましょう。

歯のマニキュアを塗る

爪に塗るマニキュアのように歯の表面に専用塗料を塗ることで白くする方法があります。

→→→歯のマニキュア【楽天】

→→→歯のマニキュア【Amazon】

長持ちはしませんが、すぐにでも歯を白くして出掛けたいときなどに便利な商品です。食事などで剥がれやすいので固い物を食べるときには注意しましょう。

歯の消しゴムを使う

歯の表面を磨く消しゴムがあります。シリコンゴムと研磨剤でできていますが、少しだけ黄色くなった着色を落とすには手軽でいいかもしれません。ただし使い過ぎは歯の表面に傷を付けるのでほどほどにしましょう。

歯が白くなれば自分に自信が持てるようになります。生活習慣や歯磨きを見直して白い歯を維持してください。

Sponsored Link

この記事のライター:カラダの健康から男を磨く「ヨシ」

歯が黄色いと笑顔に自信を持てず印象が悪くなりがちです。ふとした瞬間に見える白い歯はあなたの印象をアップさせ、女性からの熱い視線が注がれるはずです。歯医者さんでお金を掛けて歯を白くするのも良いですが、まずは自宅でできる手軽な方法を試してみることをおすすめします。

カラダの健康から男を磨く「ヨシ」さんの記事はこちら
Sponsored Link