筋肉や関節が痛い・体の痛みを防ぐには

筋肉や関節が痛い・体の痛みを防ぐには
Sponsored Link

若くても油断禁物!体の痛みを防止しよう

子供の頃は準備運動もせずにいきなり全速力で走ってもなんともなかったのに、20歳を過ぎた頃から少し無理をしただけでも酷い筋肉痛に悩まされたりします。特に普段運動していないビジネスマンなどは、加齢とともに体のあちこちに痛みを覚えるようになってきます。そうなる前にあらかじめ知識を知っておき、少しでも体の痛みを防いでいきましょう。

ちょっとした力仕事をすると翌日筋肉痛になる

事務職やパソコンを使う仕事をしていると、どうしても運動不足になりがちです。そんな状態で大掃除をしたり、運動会で走ったりした翌日には、体のあちこちに筋肉痛が出てしまいます。こうならないためには通勤時にできるだけ歩いたり、階段を使うなどして運動不足解消に努めましょう。休日にはスポーツをして普段使わない筋肉を動かすことも大切です。

知らず知らずのうちになる腱鞘炎に注意

長時間パソコンを打つ仕事や、同じ工程を繰り返し行う人がなりやすいのが腱鞘炎です。同じ筋肉ばかり過剰に酷使することで、炎症を起こし回復できなくなるのが腱鞘炎です。軽いうちは少し休めば治ることが多いですが、酷くなると整形外科に通院する必要がでてきます。腱鞘炎は真面目で仕事を全力でやる人がなりやすいのが特徴です。少しペースを加減するだけで炎症の回復が促されます。

若くてもなるのがぎっくり腰

ぎっくり腰というと年配の方がなるイメージがあります。しかし実は20~30歳代の多くの人が、ぎっくり腰に悩まされています。急に重い物を持ち上げたり、不自然に腰をひねったりすることでぎっくり腰になることがありますが、癖になると再発しやすく非常にやっかいです。普段から腰に負担を掛けないように強く意識するようにしましょう。

Sponsored Link

 

順調に働き盛りを迎えるためにも日頃からの生活習慣に気をつけよう

20~30歳代に無理をすると、40歳代に突入した途端、一気に体にガタが出始めてしまいます。そうならないためにも若いうちから日頃の生活習慣に気を配り、体に無理をさせないようにしましょう。

脂っこいものやアルコールの摂り過ぎが続くと、30歳代でも痛風の症状に悩まされる可能性が高くなってきます。運動不足が続けば体の老化スピードが速まり、30歳代後半~40歳代で五十肩に悩まされる人も多いようです。

順調に仕事ができて快適な生活を送るためにも、若いうちから生活習慣に気をつけていきましょう。

Sponsored Link

この記事のライター:カラダの健康から男を磨く「ヨシ」

誰でも歳を重ねれば体力が衰えていき、体のあちことにガタがくるようになってしまいます。それでも若いうちから運動を続けていたり、生活習慣に気をつけていれば、何もやっていない人と比べてかなりの差が出るようになります。そのときになって慌てても遅いので、今のうちから体のことを考えて生活していきましょう。

カラダの健康から男を磨く「ヨシ」さんの記事はこちら
Sponsored Link