禁断症状を乗り切って禁煙に成功【体験談】

禁断症状を乗り切って禁煙に成功【体験談】
Sponsored Link

健康に悪いと分かっていても止められないのがタバコ

タバコを止めたくて禁煙にチャレンジする人、多いですね。しかしほとんどの人は3日と持たず、またプカプカとタバコを吹かしています。こんなことを書いている私自身も以前はヘビースモーカーで一日に軽く40本はタバコを吸っていました。でも今は全く吸っていませんし吸いたいとも思いません。私の体験談も含めてなぜ禁煙できないのか考えてみましょう。

なぜタバコを止められないのか

これだけ喫煙に対するリスクが叫ばれ、タバコの価格も上昇したご時世ですので禁煙にチャレンジする人は後を絶ちません。しかし、ほとんどの人は禁煙を続けることができず、早い人だと1時間も持たないことも。

どんなに強い決心をしてもタバコの誘惑に勝つことは至難の業です。実際、私も何度も禁煙に挑戦しましたが半日がせいぜいでした。どうしようもなく吸いたくなって1本吸ってしまうんですよね。

では、なぜタバコにはこれほど止められない理由があるのでしょうか?

多くの人は禁煙できない理由を自分の意志が弱いからと思っています。しかし、禁煙できない本当の理由は『ニコチン』です。タバコの煙に含まれているニコチンは強い依存症を引き起こし、自分の意志に関わらず体が勝手にニコチンを求めるようになってしまうのです。簡単に言えば麻薬と同じ中毒です。多くの喫煙者はタバコ(ニコチン)中毒なのです。

ニコチン中毒から脱するにはどれくらいの期間が必要なのか

禁煙を決意して多くの人は3日持たないようです。私も3日目が非常に辛く、何をするにも上の空になるわ、イライラするわ、頭はボーっとするわで大変だった記憶があります。

この禁煙3日目あたりで吸う1本がこれまた美味しいんですよね。頭の中にクラクラーっとニコチンが回るあの瞬間、これを味わうと余計に禁煙ができなくなります。正に中毒の典型ですね。

仮に禁煙4日目を迎えても気分はどよ~ん、前日よりもイライラMAXになることは必至です。特に辛いのが5日目で時間が進むのが遅いこと!ほぼ1日中タバコのことを考えてしまっています。

6日目には少し気持ちが楽になり、7日目以降はほぼタバコを忘れるようになっていきます。私もそうでしたが、1週間という時間を耐えられるかが禁煙の鍵になることが多いようです。

Sponsored Link

 

禁煙中のつらい禁断症状から逃れる方法

1週間が禁煙成功の分かれ道となることが多いようですが、会社勤めなどで周囲に喫煙者がいる状況だと禁煙を維持することはなかなか難しいですね。

幸い私の場合は周囲に喫煙者がいない環境だったのでタバコの誘惑に負けることなく禁煙に成功できましたが、もし、ひとりでも隣にタバコを吸っている人がいたら禁煙は失敗していたでしょう。特にお酒の場が一番危ないですね。

禁煙中にもっともつらいのがタバコを吸いたくなる禁断症状です。

前述したように禁煙3日目~5日目くらいが禁断症状のピークですが、なにも対策をせずに乗り切るのは相当の精神力が必要になります。禁断症状はある周期を伴ってやってくるので、その時間さえしのげればなんとかなるはずです。

禁断症状を緩和するには、

・ガムをかむ
・飲みものを飲む
・禁煙パイポなどをくわえて、口がさみしいのをまぎらわす

これらが代表的な方法でしょうか。

もうひとつの手段としてタバコを吸うデメリットを考える方法があります。禁煙中にタバコを吸いたくなったらとにかくタバコが体に及ぼす悪影響とか、デメリットを考え続けるのです。

インターネットなどでヘビースモーカーの肺を写した画像などを見るのも効果があります。できるだけ過激な画像を見たり、考えを巡らせてタバコが有害だということを頭の中に刷り込ませます。

今までに掛かったタバコ代を計算してみるのもいいでしょう。1日に1箱(20本入り440円)タバコを吸うと1年で16万円ほどタバコに費やすことになります。10年なら160万円も使ったことになります。これだけの大金を使って健康を害しているのですからタバコのことが馬鹿らしくなるはずです。

私は禁煙に成功してから10年近く経過しましたが、二度とタバコを吸いたいとは思いませんし、タバコの臭いすら大嫌いになりました。なんと言っても健康にスポーツが楽しめるようになりましたしね。あなたも禁煙にチャレンジしてみませんか?

Sponsored Link

この記事のライター:オールマイティに男を磨く研究「タロー」
禁煙すると食事が美味しくなるだけでなく時間を有効活用できるようになります。タバコを吸っている時間がいかに無駄なのか実感できますよ。まずは1週間禁煙を続けてみましょう。

オールマイティに男を磨く研究「タロー」さんの記事はこちら
Sponsored Link