眠れない・寝付けない【不眠の原因と対策】

眠れない・寝付けない【不眠の原因と対策】
Sponsored Link

社会人の多くが悩む不眠

学生の頃はどんな場所でもすぐに眠れたのに、社会人になって不眠に悩む人が多くいます。深夜まで残業して疲れ果てても寝付けないのに、昼間の会議中では眠くて仕方ないというような経験をあなたもしたことがないでしょうか?不眠と一言で言っても人により症状は様々です。まずは不眠の原因を考えてみましょう。

ストレスが原因による不眠

社会人になると仕事上の責任やプレッシャー、人間関係などで多くのストレスを抱えることになります。ストレスによって自律神経が乱れることで不眠を招いてしまいます。ストレスによる不眠に悩む人の多くは真面目で勤勉な人です。趣味や楽しみがあまり無く、仕事とプライベートの切り替えが下手な人が不眠に陥りやすいようです。

睡眠時間が制限されることによる不眠

仕事が極端に忙しくて日々深夜まで残業~早朝出勤を繰り返していたり、毎日ゲームや読書などで夜更かししてしまい就寝時間が遅くなったりする不眠に悩む人もいます。しかしこれらは単純に睡眠時間が短いだけで、条件さえ改善されれば不眠が解消される一過性のものである場合がほとんどです。

生活リズムの変化による不眠

交代制勤務で夜勤がある人や、夜の仕事に就いている人にも不眠を訴える人が多くいます。人間は本来、日中に行動して夜は寝るリズムで適応しますが、夜勤などで夜に仕事をして昼に寝る生活を繰り返すと昼夜のリズムが狂うことがあります。こうなると昼間は眠くて仕方なく、夜は明け方まで眠れないようになってしまいます。

更年期障害による不眠

男性にも更年期障害があります。男性の更年期障害は男性ホルモンの減少が原因です。男性ホルモンは20~30歳代をピークにして、徐々に分泌量が減っていきます。男性ホルモンの減少によって体や精神に不調をきたし、寝付きが悪くなったり、夜中に頻繁に目を覚ましたりします。また自律神経に乱れを生じさせて不眠を引き起こしてしまいます。

Sponsored Link

 

不眠の対策を考える

不眠の原因の多くはストレスや緊張を抱え交感神経が優位になったままで、副交感神経に切り替わらずリラックスできないことにあります。不眠の解消には副交感神経に切り替えてストレスを減らすことが大切です。筋肉の緊張をほぐすことで副交感神経が優位になるので、不眠解消には適度な運動や体をマッサージしてリラックスすることが有効です。

生活リズムによる不眠の場合は可能な限り明るいうちは起きていて、暗くなったら眠るようにして体内の昼夜リズムを整えるようにしましょう。それでも仕事により昼夜逆転のリズムを変えられないようなら、無理に寝ようとせずに布団に横になって体を休めるようにします。また一度に多くの睡眠時間をとるのではなく、2時間程度の睡眠を複数回とることも不眠解消に繋がります。

目眩やふらつき、動悸や頻尿などの症状を感じられたら男性更年期障害かもしれないので専門医を受診することをおすすめします。どうしても眠くなったときには寝てしまうのが一番の不眠対策です。デスクワークの合間や休憩時間に眠くなったときにはアイマスクを付けて寝てしまいましょう。

不眠対策にアイマスク

アイマスク

→→→アイマスク【楽天】

→→→アイマスク【Amazon】


ただ目を閉じて明るい場所で眠るのとアイマスクを付けて眠るのでは光の遮断に差があり、睡眠の質に差が出てきます。

不眠は症状が進むほど回復が困難になりやすいので、できるだけ軽度なうちから適切な対策をとって良質な睡眠をとるようにしましょう。また、安易な考えで睡眠薬や睡眠導入剤に頼るのは考えものです。どうしても不眠が解消しないときには一人で悩まずに専門医で診てもらうことが重要です。

Sponsored Link

この記事のライター:カラダの健康から男を磨く「ヨシ」

夜に眠れずに昼間に就業中に居眠りしてしまうと業務に支障が出るばかりか、会社からのあなたへの信頼もガタ落ちになってしまいます。もし不眠と感じたら原因を特定し、できるだけ軽度なうちに対策をして健全な睡眠を取り戻すようにしましょう。

カラダの健康から男を磨く「ヨシ」さんの記事はこちら
Sponsored Link