いびきに悩む・対策や解消方法

いびきに悩む・対策や解消方法
Sponsored Link

睡眠の質を下げるだけでなく他人にも迷惑をかけるのがいびき

いびきは誰でもかくものです。しかし自分のいびきの大きさにびっくりして起きてしまうことが頻繁にあるようなら問題です。近年は若い男性でもいびきに悩んでいる人がいます。自分ひとりの問題で済めばまだいいですが、家族や彼女に迷惑をかけているとしたら、いびきについて真剣に考えた方がよさそうです。

いびきとは

息が喉を通過するときに音がしますが、起きているときには小さい音がする程度です。しかし寝ているときには舌の付け根が下がって周りの筋肉が緩むので気道が狭くなります。このときに息をすると気道の周囲が震えて音が出ます。これがいびきです。特に口呼吸のときには大きないびきを発生しやすくなります。

いびきに悩む・対策や解消方法
出典:http://www.katsuyama-hp.or.jp/inspection/sleepapnea.html

 

いびきの原因は?

  • 肥満
  • 肥満体型の人は気道が狭くなりやすいのでいびきをかくことが多いようです。肥満体型はいびき以外の病気を引き起こす原因にもなるので痩せましょう。

  • 口呼吸をしている
  • 口呼吸をしやすい人はいびきをかきやすくなります。起床時に喉や口が乾燥していたり、口のねばつきが酷いようなら寝ているときに口呼吸をしている証拠です。口呼吸の原因のひとつに鼻のつまりや炎症も考えらるので、耳鼻科で診てもらうことをおすすめします。

  • 疲労やストレス
  • 体が疲れていると口呼吸になりやすく、いびきをかいてしまいます。ストレスが溜まっているときも同様にいびきをかきやすくなりますが、疲れやストレスが解消してもいびきが収まらないなら要注意です。

  • 飲酒
  • 特に深酒をしたときには大きないびきが出やすくなります。アルコールの摂取により喉の筋肉が緩み、気道が狭くなるためです。

これ以外にもいびきの原因がありますが、あなたにも思い当たるふしがあるでしょうか?

 

いびき防止グッズを使ってみる

最近は『いびき防止グッズ』を多く見かけるようになりました。いびき防止にも色々な用途があるので自分に合ったものを選ぶことが大切です。

鼻腔拡張テープ

→→→鼻腔拡張テープ【楽天】

→→→鼻腔拡張テープ【Amazon】

鼻の上に貼ることで鼻腔を広げ口呼吸を防止するのが鼻腔拡張テープです。鼻の穴に差し込むタイプもあります。

口呼吸改善テープ

→→→口呼吸改善テープ【楽天】

→→→口呼吸改善テープ【Amazon】

口が開きっぱなしにならないようにテープで固定するのが口呼吸改善テープです。口呼吸の防止に効果が見込めます。

このようなグッズは誰にでも有効とは限りませんが、いびきがかなり軽減されるケースもありますので一度試してみるのもいいでしょう。

Sponsored Link

この記事のライター:カラダの健康から男を磨く「ヨシ」

いびきは誰でもかくものです。でも周囲の人に迷惑をかけるほどの大音量だったら問題ですね。万病の元とも言われているいびきなので、軽いうちに対策をして安らかな睡眠を確保しましょう。

カラダの健康から男を磨く「ヨシ」さんの記事はこちら
Sponsored Link