革靴の手入れ方法【おしゃれな男は靴を磨く】

革靴の手入れ方法【おしゃれな男は靴を磨く】
Sponsored Link

おしゃれは足元から。意外とみられているのが靴

あなたは普段から革靴のお手入れをしていますか?どんなに着飾っていても靴がボロボロだったり汚れていたら台無しです。特にビジネスシーンでの革靴の汚れはあなたの評価にも関わってきます。

できる男は例外なく靴に気を配っており、いつもキレイに保っています。靴を磨けば男も磨かれて一石二鳥ですよ。

Sponsored Link

 

革靴磨きの方法

靴のホコリを落とす

まずは靴に付いているホコリを落とします。馬毛のブラシを使うと良いでしょう。毛先全体を使ってブラシを大きく動かし、シワや縫い目、靴紐部分や靴底との境目部分は丁寧にブラッシングしましょう。

馬毛ブラシ

→→→馬毛ブラシ【楽天】

→→→馬毛ブラシ【Amazon】

 

革に付いた古いクリームや汚れを落とす

2本の指に布を巻いて革に付いている汚れを拭き取っていきます。このときに専用の汚れ落とし剤を使います。布を素早く動かして全体を拭き取りますが、力の入れ過ぎには注意です。革が薄い色の場合はシミになりやすいので慎重に行います。

 

靴にクリームを塗っていく

クリーム塗付用のブラシまたは指先を使って靴クリームを塗っていきます。全体がべたつく程度になるまで薄く塗ります。縫い目や靴底との境目部分はブラシを使って丁寧に塗付していきます。

クリームを全体に塗り終えると艶がなくなり汚れたように見えますが、この後、余分なクリームを落とし磨いていきます。

靴クリーム

→→→靴クリーム【楽天】

→→→靴クリーム【Amazon】

 

ブラシを使って靴にクリームを伸ばす

豚毛または馬毛ブラシを使って靴の表面をブラッシングします。ホコリ落としで使ったブラシでも良いですが、できれば専用ブラシを用意します。このブラッシングで余分なクリームを落とし艶が出てきます。

豚毛ブラシ

→→→豚毛ブラシ【楽天】

→→→豚毛ブラシ【Amazon】

 

靴磨き

汚れ落としで用いた方法で2本の指に布を巻き、靴全体を磨き込んでいきます。余分なクリームをしっかりと落としておかないと、ホコリが付きやすくなるので磨き残しがないように丁寧に行います。最終仕上げは古ストッキングで磨くとピカピカになります。

Sponsored Link

 

革靴磨きの注意点

靴磨きのコツは丁寧に行うことです。雑に行ってムラができるとみすぼらしくなります。また、全工程で共通することは力を入れ過ぎないことです。力を入れ過ぎると革を痛めてしまいます。

最初は戸惑うかもしれませんが慣れれば靴磨きは10分ほどの作業です。靴を長持ちさせるため、そして自分の心を磨く意味も込めて週末にでも靴磨きしてみませんか?

Sponsored Link

この記事のライター:オールマイティに男を磨く研究「タロー」
靴磨きはコツをつかむと楽しくなってくるものです。義務感で行うのではなく、靴磨きを趣味だと思って楽しめば気分もリフレッシュできて自分磨きにもなりますよ。

オールマイティに男を磨く研究「タロー」さんの記事はこちら
Sponsored Link