メンズウィッグでイメチェンしてモテる男になる

メンズウィッグでイメチェンしてモテる男になる
Sponsored Link

TPOに合わせてヘアカラー/ヘアスタイルを使い分ける

スーツだと決まって見えるのにカジュアルな服装だとダサく見える人っていますよね。逆にスーツが似合わない人もいます。男の印象を決める要素の中で髪色や髪型の影響は大きい比重を占めます。いくらスーツが似合うビシっとした髪型でもプライベートに合うとは限らないのです。

学生やフリーターがアルバイトを選ぶ際に明るい髪色がネックになることもあります。しかしそう簡単に髪色や髪型は変えられないですよね。そういうときにはメンズウィッグを上手に使ってみましょう。

ウィッグ=かつらのイメージが強いですが、最近のウィッグは非常に質が良く自然な感じなものが多数販売されています。もちろん髪色や髪型は選ぶのが難しいほど多数ラインナップされています。今やウィッグはハゲ(薄毛)を隠すだけのものではありません。TPOに合わせてヘアカラー/ヘアスタイルを使い分けてみましょう。

Sponsored Link

 

メンズウィッグを選ぶには

→→→メンズウィッグ【楽天】

ウィッグを選ぶ前に自分がチャレンジしたい髪型をイメージしておきます。鏡を見ただけでイメージが沸かないようなら写真を撮ってみて、ペンでヘアスタイルを描いてみるといいでしょう。奇抜さを狙わずに、自分に合った自然な感じに見える髪型にしましょう。

髪型が決まったら髪色を検討してみます。同じ髪型でもカラーを変えるだけで印象がガラリと変わりますので何度かトライしてみましょう。ウィッグを購入するのはできれば実店舗に行って実物を確認したり、試着するほうが確実ですね。そのときにもあくまで自然に見えることを重視しましょう。

低品質のウィッグは人工的な光の反射や、てかりをするのでとても不自然になります。よくあるパーティーグッズを思い浮かべれば分かると思います。

できれば人毛を使ったウィッグを選びたいところですが高価です。化学繊維を使ったウィッグを選ぶ場合にはできるだけ高品質で不自然に見えない素材を選ぶようにしましょう。通信販売で買う場合には特に注意が必要です。

その他のポイントとしては、

  • 頭が異様に大きく見えない
  • 蒸れたり、痛くならない
  • つむじやモミアゲが自然

これらを注意深くチェックしましょう。

どうしても髪型や髪色ばかりに目が行きがちですが、あくまで自然に見えることを重点にウィッグ選びをしましょう。多少髪型や髪色が自分好みでなくても、自分の頭に合った自然なウィッグであれば美容院などでカットやカラーリングできます。TPOに合わせたヘアカラー/ヘアスタイルをウィッグで手に入れてモテる男になりましょう。

Sponsored Link

この記事のライター:オールマイティに男を磨く研究「タロー」
今や女性では当たり前のウィッグですが、男性もシーンに合わせてヘアアレンジする時代になりました。オンとオフで似合う髪型は異なるものです。メンズウィッグを上手に活用して一味違った印象を相手に与えてみましょう。

オールマイティに男を磨く研究「タロー」さんの記事はこちら
Sponsored Link