ハゲ・薄毛・抜け毛対策に効く食事・食べ物・飲み物

ハゲ・薄毛・抜け毛対策に効く食事・食べ物・飲み物
Sponsored Link

ハゲ・薄毛に悩むならまずは食生活の改善から

髪が薄くなってきたり抜け毛が気になると、ついつい育毛剤やシャンプーを試したくなりますが、その前にしなければならないのが「食生活の改善」です。私たち人間は食べものを摂ることで体が作られます。同様に髪の素も食べものです。身体の外側からどんなに薄毛対策をしても、食生活が乱れていたら新しい髪の毛が作られません。

AGAの原因がジヒドロテストステロン(DHT)

男性の薄毛・抜け毛であるAGAの原因が「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの中でも強力なもので、髪の毛に与える影響はものすごいです。

ジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼが結合すると生成されます。そのため
5αリダクターゼを抑制する大豆イソフラボンと亜鉛を多く含む食べものを食べると、薄毛や抜け毛予防に効果的です。

薄毛・抜け毛対策に効く食べもの・飲みもの

大豆製品

大豆製品である納豆は大豆イソフラボンと亜鉛を多く含むと亜鉛を多く含む食品です。納豆が苦手な人は豆腐がおすすめです。

味噌も大豆食品なので豆腐が入った味噌汁が大豆イソフラボンの摂取に最適ですね。

大豆は髪を作るのに欠かせない植物性たんぱく質を多く含みます。またビタミンB2が皮膚の新陳代謝をうながすので、頭皮の環境改善が見込めます。

牡蠣(カキ)

亜鉛は牡蠣、牛肉、レバー、卵、貝類などにたくさん含まれます。中でも牡蠣に含まれる亜鉛量が断トツなので、できるだけ摂取するといいでしょう。

亜鉛は摂取しにくいうえに消費しやすい栄養素です。男性は特に亜鉛が必要なので、意識的に亜鉛を多く含む食品を食べることが大切です。

緑茶

緑茶は大豆食品と同時摂取することでジヒドロテストステロンの抑制に効果があります。しかし緑茶だけ飲むとジヒドロテストステロンを増やしてしまうので、食事のときに大豆食品を食べながら緑茶を飲むようにしましょう。

Sponsored Link

 

髪を作る栄養素を多く含む食べものとは

髪の主成分はたんぱく質です。抜け毛予防も大切ですが、髪の生成に必要な栄養素を摂ることも必要です。

・肉類
・魚介類
・レバー
・牛乳
・卵

これら食品に動物性たんぱく質が多く含まれています。

たんぱく質は動物性だけでなく植物性も摂るべきです。植物性たんぱく質の摂取には大豆製品やナッツ類を食べるのがいいでしょう。

成人男性の場合、体重1kg当たりの1日に必要なたんぱく質は1gです。体重60kgの人なら60gのたんぱく質を摂る必要があります。

しかし現代人が1日に必要なたんぱく質の量を食事だけで摂ることはなかなか難しいようです。食事では補いきれないたんぱく質の補給には『プロテイン』を飲むといいでしょう。

プロテインにはホエイプロテインソイプロテインがあります。ホエイプロテインとは牛乳から抽出したプロテインで動物性たんぱく質です。

→→→ホエイプロテイン【楽天】

→→→ホエイプロテイン【Amazon】

大豆などから抽出した植物性たんぱく質がソイプロテインです。

→→→ソイプロテイン【楽天】

→→→ソイプロテイン【Amazon】

プロテインを飲むとボディビルダーのようなムキムキな体になると想像しがちですが、プロテインは食品であり、単なるたんぱく質です(英語でたんぱく質をProteinといいます)。プロテインを飲むだけでは筋肉が増えません。運動をせずにプロテインを飲めば太るだけなので適度な運動も必要です。

髪に悪い食べものを食べないことも大切

脂っこい食べものやファーストフードばかり食べていると、極端に栄養バランスが崩れてしまいます。コーラなど糖分を多く含む炭酸飲料の飲み過ぎもよくありません。

せっかく 薄毛・抜け毛対策に効く食べものや、髪を作る栄養素を多く含む食べものを摂取しても、髪に悪い食べものを好んで食べていたら意味がありません。薄毛や抜け毛を予防するには栄養バランスのとれた食生活が重要です。

Sponsored Link

この記事のライター:オールマイティに男を磨く研究「タロー」
薄毛や抜け毛に悩む人は肥満体質や脂ぎっているなどの特徴があります。遺伝による影響もありますが、食生活の乱れによるところも大きいようです。デブ・ハゲ・脂ギッシュでは女性からモテません。まずは日々の食事を見直して適度な運動にはげみましょう!

オールマイティに男を磨く研究「タロー」さんの記事はこちら
Sponsored Link