グリーンコーヒーはダイエットの救世主になるのか

グリーンコーヒーはダイエットの救世主になるのか
Sponsored Link

グリーンコーヒーはダイエットや健康に良いらしい

海外で話題の『グリーンコーヒー』をご存知でしょうか。通常コーヒーは豆を焙煎してから挽きますが、生豆のままで焙煎しないコーヒーのことをグリーンコーヒーといいます。最近では国内でも特定保健用食品として缶入りグリーンコーヒーが発売されるようになり注目を集めています。

グリーンコーヒーにはどんな効果があるのか

コーヒーには主に『カフェイン』『カテキン』『クロロゲン酸』の3つの成分が含まれています。カフェインは脂肪燃焼効果が高いことは有名ですね。通常の焙煎されたコーヒーにはクロロゲン酸がほとんど含まれていません。

クロロゲン酸は焙煎の途中で分解されてしまいます。だから生豆のままで抽出することにより、クロロゲン酸を効率的に摂取できるグリーンコーヒーはダイエットや健康への効果が期待されています。

クロロゲン酸とは

コーヒーの香りや苦みを生み出す成分のひとつで、血糖値を下げたり糖尿病のリスク軽減に効果があるといわれています。糖の吸収を抑え、脂肪の代謝を活性化することでダイエットに効果があるようです。

Sponsored Link

 

グリーンコーヒーの飲み方・食べ方は?

グリーンコーヒーは生豆なので、そのままでは飲んだり食べたりすることができません。そのため生豆で購入した場合には、ミルなどで粉々にする必要があります。あらかじめ粉末加工されたグリーンコーヒーも販売されているので、面倒な人はそちらを利用しましょう。

グリーンコーヒーを飲むには、グリーンコーヒー粉末をカップに入れて、熱いお湯を注ぎ3分ほど蒸らします。カップの底にグリーンコーヒーの粉末が沈めば飲み頃です。

食べる場合にはグリーンコーヒー粉末をパンやケーキ、クッキーなどの生地に練りこんだり、ヨーグルトなどに混ぜて食べるのがおすすめです。

まだまだ日本ではあまり知られていないグリーンコーヒーですが、海外ではダイエット健康志向に興味を持つ人たちから大注目されています。

様々な効果が期待されているグリーンコーヒーですが、ダイエット効果には要注目です。飲んだり食べたりするだけで脂肪燃焼ダイエットが期待できるようなら長続きしそうですね。粉末タイプなら気軽に摂取できるので、一度試してみたらいかがでしょうか。

Sponsored Link

この記事のライター:カラダの健康から男を磨く「ヨシ」

お腹の脂肪や健康が気になってダイエットを考えても、辛い運動や食事制限ではなかなか続かないものです。グリーンコーヒーなら摂取するだけで脂肪燃焼や健康への効果が期待できるようなので試してみる価値があるのではないでしょうか。

カラダの健康から男を磨く「ヨシ」さんの記事はこちら
Sponsored Link