おすすめの包丁選び【男の料理】

おすすめの包丁選び【男の料理】
Sponsored Link

今どきの男は料理ができて当たり前

あなたは料理をしますか?「男子たるもの厨房に入るべからず」なんて昔の人は言っていたようですが、いまどき料理ができない男子はモテません。

料理をするときに必要なのが包丁です。包丁といってもいろんな種類があります。しかしながら包丁は一度購入するとなかなか買い替えるものではないので、適当に選ぶわけにもいきません。優れた料理人ほど包丁にこだわります。良い包丁を使えば料理が楽しくなりますが、切れない包丁では料理が苦痛になってしまいます。では初めての包丁選びのポイントは何でしょうか?

Sponsored Link

 

初めての包丁を選ぶ

包丁に要求される最重要ポイントは「鋭い切れ味」です。よく切れる包丁は怖いと思われがちですが実際は逆で、切れない包丁ほど危ないのです。よく切れる包丁は力を入れなくてもスッと切れます。しかし、切れない包丁では力任せで切ろうとするので怪我をする確率が高くなってしまいます。気持ちよく安全な料理をするにはよく切れる包丁が必要です。

包丁に使われている素材で有名なものは「ステンレス」「鋼」「セラミック」です。毎日研ぐことを苦にしないようなら鋼を選択するといいでしょう。でも、プロの料理人でなければ毎日包丁を研ぐのは現実的ではないですね。セラミックは研ぐ必要がありませんし、手入れがラクなのですが割れやすい欠点があります。

おすすめの素材はステンレスです。ステンレスなら毎日研がなくても切れ味が長持ちしますし、刃が丈夫ですので扱いやすい包丁を手に入れることができます。

包丁には「和」「洋」「中華」それぞれに適した種類が存在します。初めての包丁選びでは和包丁の中のひとつである三徳包丁を選ぶのがいいでしょう。

三徳包丁

三徳包丁

→→→三徳包丁

三徳包丁1本あれば魚や肉、野菜まで切ることができます。

 

また、洋包丁の中から選ぶのなら牛刀がいいでしょう。

牛刀

牛刀

→→→牛刀

牛刀は刃先が尖っているので袋を切ったり切れ目を入れたりできて便利です。また、刃渡りが長いので大きな食材を切るときにも便利です。

どんなに良い包丁でも使いっぱなしではいけません。ステンレス包丁でも月に1回は研ぐようにし、洗ったあとは水気を残さないように注意しましょう。自分に合った包丁を使えば料理の味も変わってきます。ぜひ自分に合った包丁を選んで美味しい料理を作りましょう。

Sponsored Link

この記事のライター:男を磨くグルメマスター「KAZU」
「料理は女がするもの」と思い込んでいたら今は時代遅れですよ。華麗な包丁さばきで美味しい料理を作ってあげれば気になる彼女のハートをゲットできる可能性は高まります。料理を続けていくと自分に合った包丁がそのうちわかってくるようになりますよ。

男を磨くグルメマスター「KAZU」さんの記事はこちら
Sponsored Link